三千綱再生ゴルフ塾・10

d0368014_21484072.jpg

d0368014_21485433.jpg
d0368014_21490646.jpg
d0368014_21491603.jpg

d0368014_21492848.jpg
d0368014_21503894.jpg
d0368014_21504967.jpg

d0368014_21511004.jpg
d0368014_21511837.jpg
d0368014_21512767.jpg



写真は弁護士の西村國彦氏とN女史のスイングである。
太平洋御殿場で10月5日にプレイしたときのもので、かつて某クラブのクラブチャンピォンにもなったことのある西村氏はこの日78のスコアでまとめた。
正しい仕事をしているアマ名人である。
N女史はバブル時代に華やかな生活を送った人で、今でも、優雅な生活を送っているようである。つまり、スイングがここまで完成されるまでには相当な元手がかかっている。

拙者のスイングについて西村氏に聞くと、最初は何もいわなかった。
西村氏はタケ小山プロとも親しいから余計なアドバイスは差し控えたようである。
ただ、数日前練習場でボールを打っていると後に立った友人が、不意に「あれ、右に向いているよ」といい、それが気になっていた。
つまりタケ小山プロから指摘されたこと、右肩が先に落ちていくというネコパンチ打法もスタンスが右に向いているせいかと思い悩んでいた。
練習場にいたレッスンプロに確かめてもらうと、スタンスで2センチくらい右に向いているという。
いつのまにか、ドローボールを意識して打つようになっていたのが、年喰って、ますます右にスタンスをとるようになったのかもしれない。

以前、オーストラリアで合宿をしている頃、永井プロにもいわれたことだが、ヘッドはセカンドベース方面に振り抜くのではなく、ショートからサードに振り抜いた方がまっすぐにいくといわれたことがある。
そのときから左に振り抜くことに違和感があった。
違和感はイヤーンになってしまったようである。
長い間の女日照りがそうさせたしまったのか。
そうではあるまい。貧しさのせいである。
いや、本が売れないからか。

「違うんじゃない」と西村氏はいう。
「スタンスは大事だし、まずそこから入るのが肝要だけど、それより、肩のラインが右を向いているようですよ。足はどうでもいいから、まず肩のラインではないかな」
西村氏にそういわれてハタと気付いた。

その翌日、タケ小山プロから「ミッチに最適なヤマハUD2ドライバーを見つけたから送ります。私からのプレゼントです。ヤマハの宣伝部長は買ってくれといっていましたが、私が自腹で払いました。ドカーンとぶっ飛ばしてください」

それをもって練習場にいった。9・5度のロフトを使うのは初めてなので少し戸惑った。
そのクラブで早速、ラウンドしてみることにした。
次号に結果を書く。





[PR]
by michitsuna2 | 2017-10-07 22:06 | 三千綱再生ゴルフ塾